理想の親を捨てる

2017年07月25日 23:06

20170725

<関連ブログ>に綴ったように

17歳ぐらいまでの私は暗黒の時代でした。

生きているのか?

生きていたのか?



命を絶とうと思う勇気はなくても

生と死の間にいる無を感じる人間。



21歳ぐらいの時にアルバイトがクビになり、

次に初めた恵比寿での仕事。

この頃にはだんだんと

人にも恵まれて運が良い自分に気づける

心の余裕もできてきた。



自分に起きている不思議なことや

5感以上の感覚は消えることがなかったけれども。。



今だから言えますが、

不必要な経験なんて1つもない!!!



自分に起きていた辛かった事件が、

のちのち全て1つの線で繋がることもあります。




私の場合、過去世で命を絶ったことがあり、

カルマと過去のやり直しの体験と

浄化させる経験が現世に必要だったことが、

紹介された透視ができる女性と出会い、

初めてフラッシュバックで思い出したました。



現世でも命を断っていたら、

来世でも同じ年齢になるまで

繰り返し苦しみを体験することに。。

良かった。ホントに。

現世は課題をクリアできた。



両親との関係も、

子供の頃に本気でぶつかり合い、

激しくもがき成長し、

大人になってから

自分の気持ちを両親に伝えられたからこそ、

今、友人のような関係でつきあえるようになった。



両親はこうあるべきだ!

というイメージを捨てることも学び。




自分の親なら優しい。
自分の親なら欲しいものをくれる。
自分の親なら褒めてくれる。
自分の親なら味方。
自分の親なら平等。
自分の親なら応援してくれる。

自分の親なら何も言わなくても理解してくれる。



心の中でいつも理想の親にならない両親に

文句を言っていた。



私の本当の親ではないのかも?



そうなんだよねー。

血は繋がっていて、戸籍上も

私の親であることは間違いないけど、

地球上で学ぶために

自分で決めたルール上の両親。



だからこそ、

自分が学びが大きい両親を選んだ。

100%理想ではない学ばせてくれる両親。



宇宙は完璧。

人間の身体を通して

怒って、泣いて、もがいて、苦しんで、

魂に刻み学んでいる。


<関連ブログ>
■ 仕事をクビになった私 : 悪役ですか?
■ 両親に叩かれてた私: 両親から叩かれること
■ いじめられる私: 先生からのいじめ

あなたはあなたらしく。
あるがまま、そのままで大丈夫。
全てうまくいく☆彡
今日も読んで頂きありがとうございます


私のFACEBOOK登録お願い致します*+~
https://www.facebook.com/profile.php?id=100010776409028



■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

ひとりひとりの幸せへと導くコンサルティング
サロン エイジェイ

溝口智子

問合せ先:tomokomizoguchi@gmail.com

▼オフィシャルHP▼
http://aj-jp.com

▼オフィシャルBLOG▼
http://tomokomizoguchi.blog47.fc2.com/

▼INSTAGRAM▼
https://www.instagram.com/ajtomoko/?hl=ja

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

先生からのいじめ

2017年07月19日 22:49

20170719

ちょっと重たい話続きですが、

誰かの乗り越える力になれたらいいかなぁ〜と。

過去を振り返られせ頂きますね。

ここから読み始めた方は下の関連ブログを

お読みください。



私が入った中学校は校内暴力や荒れた学校が

だんだんと落ち着き始めた頃でした。



私が中学に入ると、

一部の中学校の先生は、

指導に従わない生徒を叩いたり、投げたり、

皆んなの前でボコボコにすることもあった。

女性であっても髪の毛を切られたり、

黒に染め直される場面を何度も見た。

(見せしめだよね。。)



私は先生から殴られることはなかったけれど、

何人かの先生からのいじめを受けた。



少しでも反抗的な態度や反対意見を言うと、

先生たちから目をつけられて、

授業中関わらず叱ってくる。

掃除時間に花に水をやっているだけでも、

呼び出されて怒られたり、

私は外の電線に止まってる雀を見てただけで、

ずーっと怒られ続けた。



叱る担当のような先生グループは連携しているので、

女性は平手でちょっと叩かれることはあっても、

卒業するまで同じ扱いを受ける。



いじめる先生たちが担当の教科の先生になったら、

成績が上がることは絶対ない。



当然、気に入られていない私は、

先生が指定した高校の中からしか

選ぶことしかできなかったので、

自由な規則のない学校を私は選びました。



小学校・中学校・高校と疎外感のある学校生活。

両親に従わなければいけない家。

私が幼い頃から感じている5感以上の感覚を言えない環境。



本当の自分ではないことは気付いてる。

けれども、誰にも言えない。

誰に相談していいのかも分からない。



私は本当の自分になれないまま、

自分の中にある好きなことに生きがいを求め、

我慢する日々。いつまで続くのか、、この日々。



そんな自分が嫌になる程、

もがいている時の支えが洋楽の音楽。

英語が理解できなかったけれども、

マイケル・ジャクソンのアルバム「デンジャラス」

ヒール・ザ・ワールド
キープ・ザ・フェイス


私の心を何度も救ってくれた。

(意味が分かるようになってやっぱり!納得!と思った曲です)



高校に入り洋楽がきっかけで、

私は家や学校の生活から外の世界へと目を向けるようになる。

共通の洋楽が好きなコミュニティを見つけ、

バイト以外はその仲間と一緒にいる時間を増やすようにした。



私、本当に〇〇嫌だ!

私、本当に苦しい!

私、〇〇好きじゃない!



がはっきり分かるようになったから、

私、〇〇大好き!

私、楽しい!

私、本当にこれが好き!

私に見つかった。



お手本にしたくない大人たちを沢山見たから、

あんな大人にならないで、

今、笑顔のある生活ができている。



あの頃に絶対戻りたくないから、

私は

あの頃のように人に従うような生き方を選ばない。




高校までのもがきは、

「自分を生きる」道を教えてくれたと思っている。



<関連ブログ>
■ 仕事をクビになった私 : 悪役ですか?
■ 両親に叩かれてた私: 両親から叩かれること



あなたはあなたらしく。
あるがまま、そのままで大丈夫。
全てうまくいく☆彡
今日も読んで頂きありがとうございます


私のFACEBOOK登録お願い致します*+~
https://www.facebook.com/profile.php?id=100010776409028



■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

ひとりひとりの幸せへと導くコンサルティング
サロン エイジェイ

溝口智子

問合せ先:tomokomizoguchi@gmail.com

▼オフィシャルHP▼
http://aj-jp.com

▼オフィシャルBLOG▼
http://tomokomizoguchi.blog47.fc2.com/

▼INSTAGRAM▼
https://www.instagram.com/ajtomoko/?hl=ja

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

両親から叩かれること

2017年07月18日 21:40

20170718

ブログ「別れてもいいんだよ」に続き。

過去の学びを話しますね。



今だったら、

きっと体罰や虐待だと言われるようなことが、

私が育った環境ではよくありました。



昭和から平成に変わる時代の教育は、

叩いてもOK。

と暗黙の了解な雰囲気が当たり前。



今でも人の言うことを聞くタイプではない私は、

その環境の中で牢屋の囚人のように生きていました。



「言うことを聞かないならゲンコツだ!」

父は教育として、

拳で頭を殴る。



私が泣くとまた殴る。



私が口答えすると、

「ここは俺の家だ出てけ!」

と家から追い出される。



しばらくして、

私が震えるように泣くのを我慢すると、

母が来て慰める。



もし、母の言ってることを私が聞かないと、

弟と私が喧嘩をすると、

母は私を平手で叩く。

父がいない時は、同じように

家から追い出される。

父がいる時は、父のゲンコツ。



両親が教育として叩くことは、

中学生まで続きました。



私の家では男が優位に立ち、

父は絶対の権力がありました。



「女はだめだ」

「女だからだめだ」

「女だからこうしろ」

女だから。。。



高校に入り、

父は私に

「卒業したら女は大学に行かないで就職しろ」

と日頃から言われていたので、

アルバイトを私はするようになりました。



アルバイトをするのにも、

両親から反対されたのですが、

「自分の自立のため」という理由で承諾を得る。



父に進学することを話したら

絶対に反対されるのが分かっていたので、

アルバイトで入学資金など費用を貯めて、

児童英語教育の専門学校に入学ができる状態に

なってから両親に報告をした。



どうせ怒られるなら、

1度に怒られた方が良いので、

もう1つ両親に隠していことがあった。

それは、

初めての海外旅行。

ニューヨークに1ヶ月。



パスポートを取る過程も隠すのが大変。



進学やニューヨークの話をまとめて話した

その時、

両親が私の教育を諦めたのが分かった。



叱られることも

殴られることも

その日を界に完全に無くなった。



大人になり、

今は友人のように仲が良い両親に

過去のこの経験について聞いてみた。



両親は、

女性である私を心配し過ぎていたことが、

口では伝わらない思いで手に出ていたのだと分かった。



私は、叩くことが教育だとは決して思わない。

けれど、

男性より強く生きよう!と

思い耐えて生きていたことが、

今の私の心の強さになったと思っている。


あなたはあなたらしく。
あるがまま、そのままで大丈夫。
全てうまくいく☆彡
今日も読んで頂きありがとうございます


私のFACEBOOK登録お願い致します*+~
https://www.facebook.com/profile.php?id=100010776409028



■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

ひとりひとりの幸せへと導くコンサルティング
サロン エイジェイ

溝口智子

問合せ先:tomokomizoguchi@gmail.com

▼オフィシャルHP▼
http://aj-jp.com

▼オフィシャルBLOG▼
http://tomokomizoguchi.blog47.fc2.com/

▼INSTAGRAM▼
https://www.instagram.com/ajtomoko/?hl=ja

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

別れてもいいんだよ

2017年07月14日 23:50

20170714

先日、年上の面倒見の良い方と距離を置きました。


理由は、友人だと思っていたけれど、

相手は友人として見ていないと分かったからです。


年上の方だし、

プライドもあるから、

言わないで距離を置くことがいいだろうと判断。



その結果、

その年上の方は色々な方に

「あの子に嫌われた〜〜」と相談しまくり状態。。

嫌いだと一言も言ってないのに。。。残念



子供の喧嘩じゃないんだから。

年上だから距離を置いてる意味を

理解してくれるだろう

と思ってた。



この「(なになに)〜してくれるだろう」

判断ミス!



全て起きたことは

受け入れる

と決めたからには受け止めて、

体験を学ぶ。

進む。



友人関係・夫婦関係・仕事のパートナー・恋愛など

別れる理由は1つ



最初にお互いが
相手に求めていた理由が違うと気づいた時。




● 心のパートナーなのか?
● 仕事のアドバイスなのか?
● 肉体的な相手なのか?
● 経済的な理由なのか?
● ものを売りたいのか?
● 将来的な安定が欲しいのか?



例えば、

<解りやすい結婚。>

結婚する前に
女性は安定を求めて結婚する。
男性は家事を求めて結婚する。


女性は安定したから何も努力しない。
男性家事できる人ができたから努力しない。


不安ばかりで安定ないじゃん。
家事できてないじゃん。
結婚前はできてたのに今は違う。
求めていた人だったのにあの人変わった。
(真実を知らなかっただけで、実は変わってない)


求めてた人になってくれる。
だろう
言わなくても解ってくれる。
だろう


問題解決しない。


終了。



似たような人を引き寄せるので、

仕方のない部分がありますよね?



真実の愛の力がお互いにあれば乗り切れるでしょう。

別れる理由は自分を成長させてくれる体験。



今度はぜひ、

相手が自分に求めている点を

一致できる人を見極めたいです!




あなたはあなたらしく。
あるがまま、そのままで大丈夫。
全てうまくいく☆彡
今日も読んで頂きありがとうございます


私のFACEBOOK登録お願い致します*+~
https://www.facebook.com/profile.php?id=100010776409028



■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

ひとりひとりの幸せへと導くコンサルティング
サロン エイジェイ

溝口智子

問合せ先:tomokomizoguchi@gmail.com

▼オフィシャルHP▼
http://aj-jp.com

▼オフィシャルBLOG▼
http://tomokomizoguchi.blog47.fc2.com/

▼INSTAGRAM▼
https://www.instagram.com/ajtomoko/?hl=ja

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

7月7日の節目

2017年07月07日 23:26

20170707

人間の身体と周りには目に見えない

エネルギーがあります。

例えると、

電気の光のよう。



電気の光は細かい部分まで

見えないけど、光っていると感じますよね?



私たち人間の身体は物質として形を持っていますが、

もっと細分化していくと、

量子の粒が周波数の波長によって

形作られていることが分かります。




雪の結晶をご存知ですよね?



江本勝さんの有名な本「水からの伝言」

美しい言葉を受けた水の結晶は

その形も美しく変化する。


植物も同じです。



私たち人間は日々、

色々な情報と音、環境によって

今のこの身体が作られているのです。



身体と精神が変化をする時、

人間の身体は睡眠を必要とします。



朝、起きた時に、

昨日とは違う世界に見えたことがある!

ということはありませんか?



新しいエネルギーフィールドに入ると、

熟睡したり、眠気が強く感じられます。




寝てしまうことは怠けているのではなく、

新しい次元に入っている兆候でもあります。



さて、目覚めた後のあなたは

次元上昇していますか?



あなたはあなたらしく。
あるがまま、そのままで大丈夫。
全てうまくいく☆彡
今日も読んで頂きありがとうございます


私のFACEBOOK登録お願い致します*+~
https://www.facebook.com/profile.php?id=100010776409028



■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

ひとりひとりの幸せへと導くコンサルティング
サロン エイジェイ

溝口智子

問合せ先:tomokomizoguchi@gmail.com

▼オフィシャルHP▼
http://aj-jp.com

▼オフィシャルBLOG▼
http://tomokomizoguchi.blog47.fc2.com/

▼INSTAGRAM▼
https://www.instagram.com/ajtomoko/?hl=ja

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

悪役ですか?

2017年07月02日 22:09

20170702

あなたを苦しめてる悪役があなたの救世主かも?

な件。



私は高校生からずーっと働いています。

学費は自分で稼がなければいけなかったので、

学生の頃はアルバイトと勉強、

遊びでほぼ睡眠が十分にない日々でした。



以前にも書いたことがあったと思いますが、

私はカレー店のアルバイトをクビになったことがあります。



当時は、不当解雇だったので、

クビにされたことが悔しくて泣いて恨んでました。



どうにか戻れないか?

と思ったし、

私をクビにした社員を恨み続ける気持ちでいた。



それでも、学費の支払いがある状況だったので、

直ぐに雇ってくれそうな求人先を

アルバイト情報誌で探す。



もうこうなったら受からなくてもいいから、

あの社員が後悔するような

最高に羨ましい場所を受けて

働いてやる!



っお。会員制のスポーツジム。

かっこいい。

場所も学校に通いやすいし、

とりあえず!応募。



ということで、

クビになった辛いドロドロした環境から

会員制のスポーツジムで

ウハウハな楽しい生活に変わった。



ただのアルバイトではなく、

マナーやビジネススキル、富裕層の方々の生活も学べ、

恵まれた仲間にも出会った。



今でも大切にしている家族のような友人達です。

今の仕事にも活かせていることは沢山ある。



もしも、

クビにならずにあのカレー店にいたら、、、



もしも、

クビにされたお店に戻って

カレーの香りが肌に染み込んだ生活をし、

ドロドロした苦しい体験を引きずっていたら、、、



と考えると、私をクビにした社員さんの存在が

が今では有難い。

あのクビがなければ、

辞めるきっかけもなかった。



ここまで成長できたのは、

悪い役をしてくれた社員さんのお蔭

だったと言える。



この気持ちになれたのは、

新しい環境に移れたからではないです。



悔しいから、悔しいから、

辛いから、

行動した。




その行動は自分の生活のため。



理由はなんであれ、

今よりも良くなる行動しかないです!!



明日は今じゃない。



この瞬間よりも良くなる行動。



その1つ1つの行動は

絶対に上がるしかない!!!




苦しいこと

辛いことが

何度もあり、

その度に

行動した自分がいるから、

苦しい辛い思い出から解放された。



有難う過去の自分です
・:*+.\(( °ω° ))/.:+



私の両親もクビになりアルバイト先が変わって、

私が人として生きられるようになったことを

感謝しています。

有難う悪役さん☆*:.



あなたはあなたらしく。
あるがまま、そのままで大丈夫。
全てうまくいく☆彡
今日も読んで頂きありがとうございます


私のFACEBOOK登録お願い致します*+~
https://www.facebook.com/profile.php?id=100010776409028



■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

ひとりひとりの幸せへと導くコンサルティング
サロン エイジェイ

溝口智子

問合せ先:tomokomizoguchi@gmail.com

▼オフィシャルHP▼
http://aj-jp.com

▼オフィシャルBLOG▼
http://tomokomizoguchi.blog47.fc2.com/

▼INSTAGRAM▼
https://www.instagram.com/ajtomoko/?hl=ja

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□